オナニーチャレンジ

【オナニーチャレンジ】ルーインドオーガズムで連続射精の限界に挑戦

オナニーチャレンジ

挑戦内容

音声作品を聴きながら、ハードなオナニーに挑戦するオナニーチャレンジ。

今回は、ルーインドオーガズムで連続射精の限界に挑戦する。挑戦には以下のルールを設ける。

ルール

1.ローションは使用しない

2.射精はルーインドオーガズムで、紙コップの中に射精する

3.1回目の射精以降、紙コップは口に咥える。(射精時を除く)

あえてローションを使用しないのは、刺激を軽減し、射精時の脈打ちを抑えやすくするため。1回の射精量を少なくすることで、射精回数の増回を図る。さらに、1回目の射精以降は紙コップを口に咥えることで、精液の臭いを常時吸い込み、性欲にブーストをかける。

今回使用する音声は、もぷもぷ実験室様の寸止めオナサポ音声愛聴バレによるあまあまドロドロ偏愛お叱り射精管理。紙コップも併せて準備する。

挑戦記録

5日間オナ禁し、全裸・座位で挑戦開始。

音声序盤、高速シコシコボイスでのカウントダウンで繰り返し射精を煽られ、指に絡みついた大量のカウパーが潤滑油となり、早くも1回目の射精の波が押し寄せる。

カウント0の罵倒と共に四つん這いになり、1回目の射精。お尻の穴に力を入れながら射精の脈打ちを抑えつつ、1滴の精液を紙コップ内に垂れ流す。

紙コップを口に咥え、すぐにオナニーを再開。紙コップの中の1滴の精液から漂う微かな臭いを嗅ぎながら、繰り返されるカウント0煽りで2回目の射精。脈打ちを必死に抑えながら、また1滴、紙コップの中に精液を垂れ流す。

音声は中盤に差し掛かる。膝立ちでのオナ指示が入り、超高速シコシコボイスに合わせて迎える3回目の射精。脈打ちを抑えるのが段々厳しくなり、四つん這いで床に突っ伏した状態で、精液が静かに糸を引いたまま紙コップの中へ垂れ落ちる

何とか起き上がり、糸を引いた精液をコップの淵で絡め取る。コップの淵に精液が付着しているのにも構わず口に咥え、オナニーを再開。直後、脈打ちで抑えきれなかった精液がさらに漏れ出る。それも紙コップで絡め取り、再び口に咥え直す。

音声の責めの激しさはさらに増し、続く超高速シコシコボイスに加え、射精の懇願命令へ。紙コップを口に咥えたまま、指示通りに射精の懇願を繰り返し4回目の射精。射精の懇願と長時間嗅ぎ続けた精液の臭いで脳の興奮が限界を超え、それまで紙コップに溜めた4回分の精液を一気に飲み干す

オナニー再開直後、精液を飲み干した反動で、音声の強烈な耳舐め音と共にすぐさま5回目の射精。興奮が全く収まらず、精液の臭いが充満した紙コップを口に咥え、またすぐにオナニーを再開。

音声はついに射精パートを迎える。射精の宣言を強制連呼する命令が下る。コップを口に咥えたまま音声に従い、射精の連呼を始める

理性は完全に崩壊し、狂ったようにペニスをしごき上げ、紙コップの中に6回目の射精。これまでの度重なるルーインドオーガズム射精で、ついに反動に耐え切れなくなり、何回も激しい脈打ち射精を繰り返す。射精中もペニスをしごく手が止められず、最後の一滴まで絞り出す。

すべての精液を吐き出したあとは、四つん這いで床に突っ伏したまま動けず、口は半開きで放心状態となった。紙コップの中にはおよそ1cmほどの量の精液が溜まり、強い臭いを放っていた

今回の挑戦では、6回の連続射精に終わった。精液の残量にはまだ余裕があったため、6回目をルーインドオーガズムで射精できていたら、さらに記録を伸ばすことも可能だったかもしれない。

あすま~る
あすま~る
回数を重ねるには射精の脈打ちを抑える自制心が必要。また、興奮を持続させる起爆剤を用意しておくことも重要。射精の強制連呼は効果抜群